サイトメニュー

自分に合う皮膚科を知ろう

医者

皮膚科の違い

透き通ったツルスベ肌は、女性なら誰しも憧れるお肌かと思います。ですが、ストレスが多い現代社会で1つもニキビが出来ないというのは難しいものです。しかも女性はホルモンバランスが乱れやすいためニキビが治った頃にまた新しいニキビが出来る悪循環を繰りえしています。自分ではニキビがどうしようもなくなった場合、皮膚科に行く事を考える場合もあるでしょう。ただ、皮膚科には「一般皮膚科」と「美容皮膚科」の2つがあります。ニキビを皮膚科で見てもらうのが初めての方にとっては2つの違いが分かりにくいかと思います。そこで、一般皮膚科と美容皮膚科の2つの違いをご説明します。違いを知り、自分に適したクリニックを選びましょう。一般皮膚科は、皮膚の疾患を治療する事を目的とし、湿疹や蕁麻疹、アトピーなどが対象になります。反対に、美容皮膚科はニキビやシミ、シワなど美容に特化した肌治療を行う事を目的としています。一般皮膚科は皮膚疾患の治療を行なうため、保険を適用する事が出来ます。しかし、疾患の治療ではなく美容を目的とした美容皮膚科では、保険を適用する事は出来ません。そのため、クリニックによって治療費を設定できる「自由診療」となるためコストが高くなっています。費用は高額となる美容皮膚科ですが、診察時にドクターのアドバイスや日頃のスキンケアを細かくアドバイスしてもらえるほか、最新の美容治療を受ける事が出来るのがメリットです。以上の事から、一般皮膚科では一時的なニキビケアを行なえれば良い人や費用を安く済ませたい方に向いています。美容皮膚科の場合は、ニキビ治療だけではなく肌をより美しく整えたい方に向いていると言えます。自分の目的や費用を照らし合わせ、クリニックの選択を行いましょう。